トップイメージ

ありふれた外為取引の雑誌では「マイナスになったケースではナンピンを入れることによって、ポジションの平均を買い付け価格を低くする事が出来る」などと述べられていたりしますが正直に言うとこれには相当の落とし穴があると考えます。格安スマホの料金プランについて考える

はじめに、ナンピン買いの手法についてとても簡単に説明しておきます。

例として100円で1ドルを買ったとします。

$買いですから、円安になればなるほど利益が出るわけですが運悪く1ドル95円までドル安方向に進んだとします。

このままの状況でポジションを所有し続けたら、損失が回復するまでには、ドル安になった分、円安に進む必要があります。

損は早急に無くしたいと考えます。

そこで最初に売買したのと同額分の$を取引します。

これで、ポジションの平均のコストは97円50銭まで低くすることができる。

つまり、2.50円の幅でドル高が進行すれば赤字を回復する事ができます。

これが、ナンピン買いの理屈です。

こういうふうに、ナンピンのやり方を耳にすると「確かに」と考えたりするがマーケットは容易には思った通りにはなりません。

もとより、1ドル=95円が底値だということなど、誰も分かりません。

例として、相場が円高ドル安地合であるならば、1ドル95円では止まることなく、より一層円高が進む確率が高いです。

一例として、97円50銭でナンピンをするとしても95円まで円高に向ったら、ナンピン買いした分にも、損失が生まれてしまいます。

その状態では、最初に注文したドルと合計で、ダブルで損を被ります。

例示したとおり、ナンピンはややこしいです。

では、マーケットが自らのストーリー展開とは逆に進んだ場合、どういう手段でリスクをコントロールすればいいのでしょうか。

そこで選択できる術は多くはありません。

最初のひとつはあきらめて損切りをする事です。

もうひとつの方法としては、今現在、自分自身が所持しているポジションを少なくして、為替がリカバリするのをじっと待つことだけです。

かなり受動的な手段だと思う方もいるkもしれません。

けれども、持っている買いポジションに為替差損が生じた時、最も妥当な方法はそれ以外にはあるはずがありません。

理論上はナンピンするという考え方もあるように思える。

だがナンピン買いは自分かマイナスになっている場面にもかかわらず、買いポジションを減らすどころか遂にポジションを増やしていく方法である。

この考え方では、危険を回避することなど、どこをどうやっても無謀だと考えたほうがいいです。

ナンピンを続ける事ができればいつの日にか勝てるかもしれない。

だが、そうなる前に資金がショートしてしまうだろう。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.hopeautismswings.org All Rights Reserved.