トップイメージ

通常、任意保険というものは強制保険の自賠責保険とは違い自賠責保険ではまかなうことが難しい補償を考慮している必須ともいえる保険です。

この任意保険に関しては自動車損害賠償責任保険の上級保険という役割で役に立つものですので自賠責保険でカバーできる支払いの限界を上回ったときに有用です。

また、自賠責保険だけでは対物損害に関しては補償を受けることができないので対物損害を補う時には加入しておく必要があります。

今現在任意保険を払っているマイカーを廃車にする際は、国産車あるいはドイツ車ということは関係なく残っているお金が還付されます。

これは日本の車を売るケースでも例外ではありません。

自動車損害賠償責任保険は通常放っておくのが通例ですが任意保険の場合、皆が入る保険ではありませんから、キャンセルということになります。

また解約をすれば今現在 支払っている返戻金が返ってくるということになります。

クルマの取引が成立したとしても即加入している任意保険を中途解約するというのは危険です。

もちろん早く契約解除してしまえばそれだけ返還されるお金は多くなりますがもしかしたら車買取店が離れた地域にあって自ら乗っていくということになった場合には、任意保険なしで車の運転をする必要があります。

万が一のリスクを想定して、絶対もう自分が車の運転をすることはない状況になる時まで任意保険の中途解約はしないようにしましょう。

クルマを買い取ってもらって、またすぐに違う車両に買い換える場合ならば問題ないでしょうが運転をしない状態が続き任意保険に加入している意味がなくなってしまったらこの任意保険に入っていない時があると、以前加入していた時の保険の等級が下がるため保険料の金額が上がります。

こういった状況では「中断証明書」という書類を発行してもらうようにすることが必要です。

この「中断証明書」を使えば、一定期間、中断前の任意保険の等級を引き継ぐことが可能です。

これは13ヶ月以内でしたら発行してもらうことができるのでもう自動車を売られていて「中断証明書」を出されてもらっていない状況の場合は、保険会社や代理店にその旨を伝えたほうがいいと思います。

あなたが新たに車を購入することになって前に乗っていたクルマを買い取り依頼するのならば任意保険の加入はどちらか一方のみになってしまします。

保険の切り替えになるので乗らなければなれない車でしたら売却まで注意しましょう。

それから、任意保険という保険は自動車の種類次第で額が多少異なってきますので愛車引き取りの時は任意保険の保険料をチェックしてみる良い機会にもなります。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.hopeautismswings.org All Rights Reserved.