トップイメージ
カードが使わなくなった!そういった考えが浮かんだらカードの契約解除(けいやくかいじょ)をしてしまいましょう。能書きは不必要だと知っての上で敢えて説明しますが、カートの登録解除とは本人が所有している当のクレジットカードをもう店舗などに行っても使えない状態にしてしまうことを言います。この文章の中でクレカの無効化の方法から使用の中止に関する要点などをすみずみまでまとめて参ります。読んで下さったなら解約における不安材料をきれいさっぱり取り去って頂けると思います。手短に言うが、不要になったカードを機能停止するのはすごくあっという間に終わります。「クレジットカードにいっぺん手続きをしたらすぐに退会するのは骨が折れるのではないのか?」または「クレジット会社の機能停止の手続きが億劫なんじゃないの?」と思い込んでしまう会員もたくさんいるということだと伺っているが、 実際はクレジットの機械読み取り側に表記してある顧客対応窓口に照会をし、クレジットの退会の考えを知ってもらうということだけで使用不可能化が可能(約3分くらいの申請で解除完了です)。クレジットを利用開始する段階ではものすごく面倒だったのとは違って解約手続きはまさか一回の通話のみ?という具合に驚愕してしまうに違いありません。実際に機能停止の手順は労力なしなのか?当然です。カード会社における機能停止のやり取りは特殊な事例を外すと退会のための紙もないばかりかしつこく引き止められることも起こり得ません。全く「使用中の□□クレジットカードを無効化したいと思っておりますが!」と言う風に会社の受付係に話すようにすれば他には何も必要ありません。事実、私の知り合いも25枚退会するために申請を行ってきたのですが、一回も使用不可能化でトラブルに陥ったことは体験していないことからもこの懸念については必要以上に考えないで結構です。ある人を通じて聞いた、誰かが実際に体験したという話によると無効化を依頼してみたら無効化しなければいけない事情は何であるかを尋ねられたという場合があったという話を聞きましたが決して大仰なものではなく顧客満足度のチェックの域を出ない軽い聞き方だったと言っていたので、慰留されるような面倒もなかったと言っていました。万が一説明しなければいけなくなったという事態があったとしてもいつわりなく『使う機会が少なくなったと感じたから』『他のカードサービスの広告を見たら活用できそうだと考えたから』といった感想を説明すればおしまいです

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.hopeautismswings.org All Rights Reserved.