トップイメージ
クレジットカードを申し込むと月々契約カード会社から利用明細書が届きます。それらのご利用明細を見ればどこでいつ頃どの品にどれだけ使用したのかに関する詳細内容が見やすい表になっているため、過去の使用した履歴を見ることがたいへん容易で安心です。これだけで運用するにはなかなか難しいのではないかと思いますが、手軽なカード利用の成績表みたいなものとして見ることも楽しいし家計管理の味方にもなるはずです。またいま言ったカード明細書が届いてからおおむね数週間でカード代金の送金がされるわけです。ということは届いたクレカ利用明細を見て、疑問に思う内容もし本当に行ったこともない国が表の中にあればクレジットカード会社に連絡して調べてもらえばOKなだけでしょう。本当にカード不正利用等のあなた以外の人の支払いが確認されたようであってもクレジットカードユーザーに何か理由(落ち度)がない限り、ほとんどの状況においてはカード会社がそのあやしい決済を補償してくれます。近頃ではこのクレジットカード利用明細書を専用ページで一覧できるクレジットカードが普通になっています。どのショップで何を決済したかを確認しておくといったことで不正使用を防ぐだけでなく、出納帳ともなり家計管理といったことも一つで可能になります(WEBページでカード履歴を見ることがOKなカード会社は前の利用履歴や決済可能残高なども閲覧OK)。クレジットカードはこのような点でも十二分に助けになるツールになっていると言えます。

リンク

Copyright © 1998 www.hopeautismswings.org All Rights Reserved.